広島県広島市の司法書士【信藤由美(のぶとうゆみ)司法書士事務所】不動産登記、会社設立・登記、成年後見・遺言等、相続対策・事業承継、裁判業務




広島県広島市中区で司法書士事務所を開設しております、【司法書士の信藤由美 (のぶとうゆみ)】でございます。
不動産登記から、会社設立・登記、成年後見・遺言等、相続対策・事業承継、裁判業務など細かく対応いたします。
『依頼者様から信頼される司法書士、ご満足いただける司法書士事務所』をテーマに、広島で業務展開しております。

不動産登記

不動産登記

不動産登記とは、皆さんの大切な財産である土地や建物の物理的な状況や権利関係を、公の帳簿である「登記簿」に記載して社会に公示することで権利と取引の安全を守る制度です。

司法書士は、このうち権利関係の登記について書類の作成や申請代理を行います。

不動産登記に係る申請代理を行う場合、当事者の代理人として、対象となる不動産や必要書類、当事者の取引意思を直接確認し、真正な登記を実現し、不動産取引の安全性の確保に日々努めております。

当事務所は、売買・贈与による所有権移転登記・新築による所有権保存登記・相続登記、担保権設定・担保権抹消等、不動産登記を中心とした業務を行っております。

詳細

会社設立・登記

会社設立・登記

株式会社などの会社や、医療法人等の法人、あるいは一定の事業組合を設立する場合には、必ず登記をする必要があります。

また、既存の登記事項に変更が生じた場合(たとえば会社の役員の任期が満了した、代表者の住所が変わった、本店を移転した等)には、その旨の変更登記をする必要があります。

司法書士は、これらの登記について書類の作成や申請代理を行います。

当事務所では、いち早く改正法に対応し、豊富な法務知識により、登記手続きに限らない様々な企業法務についてのアドバイスにも応じております。

詳細

成年後見・遺言等

成年後見・遺言等

「成年後見制度」は、判断能力が不十分な高齢者や障がいのある方々の権利を守り、より自分らしく生きることができるようにすることを目的としています。

「遺言」は、法定相続を遺言者の意思によって変更するものであり、遺言者が残した相続財産の処分を、遺言者自身の最終の意思表示に委ねるものです。

遺言によってその家庭の実情にあった相続財産の分配が行われるところに、遺言制度の意義があるといえます。

また、財産のことだけではなく、ご家族に対する思いや今後に対する希望を書き添えることによって、残されたご家族は、悲しみを乗り越え、前に進むことができます。

詳細

相続対策・事業承継

相続対策・事業承継

相続対策・事業承継には、人的対策・納税資金計画・税務・遺産分割・遺言・登記変更など、多方面の法的対応が必要となってきます。

また、承継方法も、(1)親族内承継、(2)親族以外の方々への承継、(3)M&Aによる外部企業への承継など多様な選択肢が存在します。

当事務所では、民法(遺留分)特例に特化し、専門家との提携により、経営者様のご希望を尊重し、スムーズかつベストな事業承継をお手伝いいたします。

詳細

裁判業務

裁判業務

法務大臣の認定を受けた司法書士は、簡易裁判所において訴訟代理業務が認められています。家賃や敷金の請求をする、又は損害賠償を請求する場合など、簡易裁判所に訴えや申立てを行うときに、あなたに代わって書類を作成し、又は書類作成に関する相談を受けてアドバイスをするなど訴訟手続を支援します。

また、クレジット会社や消費者金融会社などを利用したため多額の借金を抱えてしまい、住宅ローンの支払も滞ってしまった。

司法書士は、そのような方の相談に応じ、生活の再建のお手伝いをいたします。

詳細
Get Flash Player
このページにはFlash Playerを使用しています。ご覧いただけない場合は、こちらからAdobe Flash Playerをダウンロードしてください。